スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハセガワ 1/72 J-35F ドラケン

アカブの肉球様 主催の アカニクスケコン3にエントリーした作品です。
(アカニクスケコン3の会場はこちら)

ドラケン 1ドラケン 2ドラケン 3
ドラケン 4ドラケン 5ドラケン 6
ドラケン 7ドラケン 8ドラケン 9

今年の2月に久しぶりに再販された標記のキットを製作しました。
手を加えた部分は左右の着陸脚についているライトをHアイズに置き換えたくらいで、
キットのパーツをそのまま使い、説明書通りに組んでいます。
その分塗装に時間をかけて、模型ならではのメリハリ(ハッタリ?)を出すように心がけました。
以下、塗装の工程を順番に記述します。

1.キャノピーをマスキングして黒サフで全体を下地処理する
2.機体上面をミッドナイトブルー⇒オリーブドラブの順番にエアブラシのフリーハンド吹き付けで
  塗り分け、色毎に2段階のグラデーションをかける.。
3.マスキングして、機体下面のグ レー部分を2段階のグラデーションをかけて塗り分ける。
4.マスキングを追加して、機体下面と翼端のシルバーを塗る。
5.マスキングを剥がしてデカールを貼る。
6.つや消しクリアーを吹いて全体をオーバーコートする。
7.オリーブドラブとダークイエローを薄めに混色して、機首先端や翼端のエッジを中心に吹き付け、
  機体全体の色味を退色させる。
8.エナメル塗料でスミ入れを行い、機体の後方に塗料を引き延ばすようにしてふき取る。
  (ウォッシングもどき)
9.タミヤのウェザリングマスターを使用して、パネルラインの継ぎ目から後方に向かって、
  煤が流れた汚しを入れる。
10.オリーブドラブとミッドナイトブルーを薄めに混 色して、機体の前方から後方に向かって線状に
  吹き付けを行う。(前工程の煤汚れをなじませる)
11.同じ色をアフターバーナー周囲に吹き付け、焼けの汚しを入れる。

以下、細部のアップです。
ドラケン 10ドラケン 11ドラケン 13ドラケン 12

キットの組立説明書に重りを入れる指示が無かったのですが、塗装作業の終盤で着陸脚を付けた際に
微妙なバランスで機体が尻餅をついてしまい、かなり焦りました。
仕方なくガン玉を砕いて接着剤を塗りたくり、機体底部の燃料タンクを取り付ける穴から、
機首側に向かって放り込んだところ、何とかバランス修正できました。
ジェット機のキットを作る際には、重心が前よりに見える機体でも、
予めノーズコーンの内側にガン玉等の重りを固定しておくと安心です。
当Blogをご覧頂いているモデラー諸兄の皆様も気を付けて下さい。

アカニクスケコン3は21名の方々が参加され、なかなか盛況な催しとなっています。
参加作品を見ていると、参加者の方々が思い思いにスケールキットの製作を楽しんでいる様子が伝わってきて、
新たなキットを弄りたくなってきますね。
運営にご尽力された主催のmine様 はるか様、
楽しい交流の場を設けて頂きありがとうございました。

さて、次回の更新についてですが、
おそらくWFの告知になるかと思います。
リトバス関連のレジンキット等にご興味のある方は、
またご覧いただけますと幸いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogashu81

Author:ogashu81
WF等のイベントに参加している弱小ディーラー「もりのく」の中の人。

連絡・ご意見・ご感想等は
g05824403あっとまーくyahoo.co.jp
(あっとまーくを@にしてください)
へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。