1/150 西園美魚

Twitter上で知人がリトバスに登場する市街地の背景を、
Nゲージサイズのモジュールレイアウトとして製作している様子を拝見し、
その添え物に使えそうなリトバスメンバーのフィギュアを作れないか…
という動機で、試しに美魚ちんを製作してみました。
製作手順は下記の通りです。

1.1/144ザクタンクのキットに付属するジオン兵のフィギュアを素材として使用しました。
 右の人の下半身と左の人の上半身を繋ぎ合わせて全高を調整し、(そのまま使うと1/150より少し大きいため)
 両腕を切断して芯となる素体にします。
150美魚01

2.素体にエポパテを盛り削りして形状を整えます。
 このサイズではディテールの解像度を高められなかったので、
 アウトラインをなるべく美魚に似せることに注力しながら造形しました。
 傘の柄にはφ0.3mmの真鍮線を使用し、傘のドーム部分を別パーツにして差し込めるようにしています。
 この後、表面処理と並行して傘の表側にディテールを追加しました。
150美魚02

3.下記の手順で塗装しました。
 ガイアノーツのサフ⇒アルティメットホワイトの順に吹き付ける
 ↓
 ラッカー系塗料で基本色を全て塗り分ける(面相筆)
 ↓
 エナメル系塗料でスカートの格子状パターンと袖口五角形の内側(黒いところ)を描き込み、
 全体につや消しクリアを吹き付ける
 ↓
 塗り分けの見切りラインにエナメル系塗料で一段明度の低い色を描き込み、
 色の境界をなじませる

以下、完成画像です。
150美魚 2150美魚 3
150美魚 4150美魚 5
150美魚 7150美魚 6

作ってみて感じた製作のポイントは下記の2点です。
・造形はディテールよりもアウトラインを似せることに注力する。
・塗り分けの見切りラインを美しく仕上げる。

私の技量では面相筆による描き込みのラインコントロールが安定して行えるのは幅0.5mm程度までで、
それ以下の幅ではラインがぶれてしまい、筆運びが上手くいきませんでした。(裸眼だとこのあたりが限界かもしれません…)
ある程度面積のあるパーツはスジ彫りを入れて、スミ入れでラインや模様を再現した方が、
綺麗な仕上がりになるように思います。
習作として色々と勉強になりました。

さて次回の更新こそWFの告知(おそらく直前)になるかと思いますが、
ご興味のある方はこちらも宜しくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogashu81

Author:ogashu81
WF等のイベントに参加している弱小ディーラー「もりのく」の中の人。

連絡・ご意見・ご感想等は
g05824403あっとまーくyahoo.co.jp
(あっとまーくを@にしてください)
へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR