スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/144 ガンダムレオパルド

唐突ですが今年(2016年)は、機動新世紀ガンダムXの放送開始20周年だそうです。
放送当時にはリアルタイムでTV放送されていたアニメを見て盛り上がり、
そのままの勢いでガンプラを作って楽しんでいたので、
20周年の節目でガンダムXの登場機体を何か作りたいと思い、
積プラの中から旧1/144のガンダムレオパルドを引っ張り出して、
今年の4月ごろから水面下で製作を続けていました。
20年前はロクな製作技術が無かったもので、HJ誌の作例を眺めて感嘆のため息をこぼしながら、
キットの合わせ目を消して水性塗料を筆でペタペタ塗っていたものです。
昔を懐かしく思い出しながらも、「今なら思い通りに改修できる」と張り切って、
20年前にキットを作って感じた、欠点と思われる部位に手を入れてみました。

まずは完成品の画像をご覧ください。
ガンダムレオパルド 1ガンダムレオパルド 2ガンダムレオパルド 3ガンダムレオパルド 5ガンダムレオパルド 4
ガンダムレオパルド 6ガンダムレオパルド 7ガンダムレオパルド 8

部位ごとの改修内容は下記の通りです。

頭:首を別パーツで新造してボールデンアームズの小さいボールジョイントを仕込む。
胴体:下腹部の白い部分を0.5mmかさ上げ。
   胸部中央のレンズ状のパーツをHアイズに置き換え。
   胸部中央レンズ上部のカバーのような部分をボリュームアップ。
   (ブレストガトリングの開閉ギミックは労力の都合でオミットしました)
右腕:シールド裏面に0.5mmプラ板を貼って穴埋め。
   グレネードランチャーの小さい4本をプラ棒で新造。
   手首をHDMガナーザクウォーリア用の握り拳に変更。(左右とも)
左腕:肩ブロックの緑とグレーの部分を後ハメ加工。
腰:アーマーの裏側をプラ板やエポパテで全て裏打ちする。
  フンドシの股間ブロックにφ2mmのポリキャップを仕込み、
  フロントアーマーとの接続方法を変更する。
  (フロントアーマーを腰側に密着させるのが狙い。この工作でフロントアーマーの可動範囲も拡大する。)
脚:膝関節と足首をボールデンアームズに置換。
  ミサイルのカバーを分割して後ハメ加工。
  ふくらはぎ後方のスラスターをくり抜いて市販パーツに置き換え。
  アンクルガードを切り離し、スリッパのくるぶしあたりにパイプスプリングで接続。
スリッパ:接着面で0.5mm幅増し。
     つま先のスラスターを市販パーツとエポパテブロックでディテールアップ。
インナーアームガトリング:腕の収納部分で5mm延長。
             (拳を付けたまま腕が収納できる)
             白い腕カバーを後ハメ加工。
             ガトリングバレルを、プロショップ限定デュナメス付属のガトリングガンに置き換え。
バックパック:スラスターを市販パーツに置き換え。

上記の工作を行った後、面出しとエッジ処理を丁寧に行い、
スジ彫りとモールドの谷をBMCタガネで彫り込んでいます。

インナーアームガトリングの延長工作は少々面倒ですが、
ガトリング砲の迫力が増し、拳を外さずに腕が収納できるようになるので、改修の効果は非常に大きいです。
ガンダムレオパルド 9ガンダムレオパルド 10

塗装に関しては、黒立ち上げを行わずに、
緑,ダークブルー,白のみ、基本色+ハイライト色の淡いグラデーションをかけて、
他の色はベタ塗りで仕上げました。
明度,彩度の高いパステル調の色を使い、清涼感のある仕上げを心掛けています。
情報量を増すため、コーションマーク等のデカールを多めに貼り込んでみました。

最後に装備を展開した状態の画像でこの記事を締めさせて頂きます。
子供の頃に手に取ったキットを改めて全力で作るのはとても面白いですね。
ガンダムレオパルド 11ガンダムレオパルド 12
ガンダムレオパルド 15ガンダムレオパルド 13ガンダムレオパルド 14
ガンダムレオパルド 17ガンダムレオパルド 16
スポンサーサイト
プロフィール

ogashu81

Author:ogashu81
WF等のイベントに参加している弱小ディーラー「もりのく」の中の人。

連絡・ご意見・ご感想等は
g05824403あっとまーくyahoo.co.jp
(あっとまーくを@にしてください)
へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。