1/144 パーフェクトガンダム

俺のプラモスピリットを受けてみろぉぉぉぉ!
パーガン1
このようなノリで旧キットMSVシリーズの標記のキットを製作しました。
足首,上腕の付け根,首の関節をポリパーツやボールジョイントに置換して、
手首を交換した以外はほぼキットのままです。
パーツ毎のバランスや関節の位置は非常に良好で、
30年以上前に発売された物とは思えない素晴らしいキットでした。
残念ながら旧キット特有の面やモールドのダルさは健在なので、
面やモールドをシャープに整形して、
一体成型されている部分の別パーツ化とディテールアップを徹底的に行いました。
ディテールの改修を行った主な部分は以下の通りです。

・ヘリウムコア,脇腹,首,ビームガンの銃身を別パーツ化する
・シールドの裏側のビームサーベルラックと機雷ホルダーを切り取り、流用パーツに置換する
・肩アーマーのスリット,バックパックのスラスターフィンをくりぬいてプラ板で新造する
・キャノン砲の砲口にディテールアップパーツを埋め込んで砲身とスムージングする
・動力パイプをハイキューパーツの精密スプリング(2.4mmに置換する)
パーガン3パーガン4パーガン6
塗装に関しては、MAX塗り白立ち上げ法とメタリックカラーの吹きっぱなしを組み合わせていますが、
白立ち上げで上掛けするクリアーカラー(赤,青,黄)に同系色のパールカラーを混合して吹き付け、
見る角度によって面が煌めいて見えるような効果を狙ってみました。
赤,青,黄の色味はほぼ狙い通りの色が出たのですが、混色したパールカラーが思いの外しっかりと発色してしまい、
下地ホワイトのグラデーションを弱めてしまう弊害が出たのが誤算でした。
グラデーションの弱まり方は青が特に顕著で、バックパックのタンク部分以外は
ほとんどベタ塗りしたようにしか見えません。この塗り方も再考の余地がありそうです。
色味とは関係ないですが、塗装後のマスキングはがしで塗膜まで剥がれてタッチアップしたり、
仮組不充分なパーツが塗装後に上手くハマらず削ったりと、最後の組立でトラブルが多発したのにはまいりました。
何事も基本を疎かにしてはいけませんね。

パーガン9パーガン10パーガン11
こちらは細部のアップです。
頭部の形状はアニメ劇中の初代ガンダムのイメージを忠実にとらえた造型で、
近年発売されたMGやRGのRX-78-2とは違ったカッコよさがありますね。

【このキットの思い出】
1/144パーフェクトガンダムは私が小学生の時に
クラスメイトの友人らに連れられて行った模型店で初めて買ったガンプラで、
模型趣味の始まりとなった思い出深いキットです。
当時の最新ガンプラは「F91」や「0083」で、友人らのお目当てはそちらのようでしたが、
私はそれらのキットには目もくれず(というか当時はガンダムの魅力を良く理解していなかった)、
パーフェクトガンダムを選んだのでした。
この時点で、その後の模型趣味における嗜好を決定づけていたとも考えられます。(笑)
追加装甲やキャノン砲がゴテゴテと付いていて、子供心に格好良く見えたのかもしれません。
製作を開始するもゲート処理すらままならず、接着剤(小さいチューブに入っていた)もはみ出しまくりの
ひどい完成品となりましたが、プラモを組み立てて形ができあがっていく工程は、今でも楽しかったと記憶しています。
その少し後に1/100パーフェクトガンダム(こちらは装甲が全て着脱可能だった)も購入して製作しましたが、
それ以来、2012年に再販されるまでパーフェクトガンダムを手に取ることはありませんでした。
思い出は時間の経過とともに勝手に美化されるものですが、
再販されたキットを手に入れたときは、何とも言えない懐かしさがこみあげてきて嬉しかったですね。
今回の製作にあたり、小学生の時には出来なかったことを全て詰め込んでみたつもりです。
これが俺のプラモスピリットDAZE!
スポンサーサイト

ランニングウェアのクドさん 始めました

氷室さん&椎菜タソの完成以降、
両手を腰に当ててふんぞり返っているクドも一緒に並べたくなったので、
WFの準備がひと段落したあたりからこっそりと作り始めていました。
クドは以前にもリトバスの制服姿で製作しているので2度目の製作となりますが、
今回はクドわふ関連のキャラと並べることを想定して、
ゲーム内での早朝ランニング中のイベントで見られる、
ランニングウェア+短パン姿をモチーフに選びました。
ゲームのCGでは全身像が描かれていないため、
大まかな形状を確認するためのラフスケッチを描くところから始めています。
以下、ザックリですが作り方を記述していきます。

1.ザックリとラフスケッチ
クドさん

2.レジンブロックとアルミ針金で素体作り,ポーズの検討
クドさん1

3.エポパテを持って関節を固めて肉付け
クドさん2

4.身体の形状を削り出し,適宜パーツ分割
クドさん3

5.とりあえず全てのパーツが揃った状態(イマココ)
ランニングクド1ランニングクド3ランニングクド4

4.と5.の段階的な過程をはすっ飛ばしていますが、これは当Blogの仕様ですのでご勘弁下さい。(笑)
この衣装はキャラクター固有の記号(マント,帽子etc.)が少なく、パッと見でクドに見せるのは難しいのですが、
全身のプロポーションや頭髪の巻き具合等でクドらしさを表現していきたいところです。


ここからは別件になりますが、アカブの肉球様 主催の旧コンに、1/144 ジムⅡでエントリーしました。
シールドのみHGUCのジムから部品取りしていますが、なるべく旧キットの持ち味を生かす方向で製作しています。
GMⅡ 2
このジムⅡは製作を中断してから2年近く放置していたので、
完成させる良い機会になればと思い参加表明しました。
現在も参加者募集中のようですので、
旧キット好きのモデラー諸兄らは参加してみてはいかがでしょうか。
プロフィール

ogashu81

Author:ogashu81
WF等のイベントに参加している弱小ディーラー「もりのく」の中の人。

連絡・ご意見・ご感想等は
g05824403あっとまーくyahoo.co.jp
(あっとまーくを@にしてください)
へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR